バストが垂れないようにするためには?

バストが垂れないようにするためには?

バストが垂れないようにするためには?

バストの下垂は一般的に加齢によっておこるとされています。この時よく引き合いに出されるのがニュートンの万有引力です。それは、地上においてすべての物体は地球に引き寄せられるという理論のことを言いますが、バストもそれに抵抗することはできないという訳です。年を取ることは止めることはできず、悲しい定めとはこの事かも知れません。また、産後の授乳を行ったあとにも下垂が起ります。その原因として考えらえれるのは、胸の周りの筋肉、とりわけ大胸筋の衰えは大きく影響します。

大胸筋や背筋、バスト周辺の筋肉を鍛える

バストの下垂を防ぐということはかなり困難なことです。それは年を取るなということと同じことだからです。但し、少しでも下垂を遅らせることは可能で、その方向で対策を講じることが有効です。その方法とは大胸筋や背筋、バスト周辺の筋肉を鍛えることです。中でも胸が小さくて垂れてしまっている人はデコルテ部分にふくらみが無く、スカスカの状態になっているため、より有効な方法と言えます。筋トレを行う時間帯は、成長ホルモンが分泌されやすい、就寝前に行うと効果的だと言われています。但し長時間やり続けるとバストの脂肪が筋肉質に変わり小さくなるリスクもあるので注意が必要です。

自分に合ったブラジャーを着用する

以外に自分のバストサイズや形状に合ったブラをしている人は少ないと言われています。それだとブラとの間に隙間ができて、歩いた時や走ったとき揺れが大きくなります。ある意味ノーブラで走っているようなもので、十分にバストを保護することができません。 保護が十分でないと、バストを支える役目に大きく貢献している、クーパー靱帯を断裂することになるという訳です。クーパー靭帯は、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンなどから出来ています。そのためには日頃からコラーゲンを摂取したいですね。

バストを支える皮膚に張りを与える

バストに限らずあらゆる肌には張りが必要です。それが無いと風船がしぼんだようになり貧相に見えてしまいます。そのために先ずは自分のバストに張りがあるかどうかをチェックすることが必要です。その方法は乳房の表面を親指と人差し指でつまんで見ることです。ハリのあるバストはつまみにくく、ハリのないバストは簡単につまむことができます。そうでない場合は張りが失われていることになり、ジェルなどの美容液をを使って十分なケアをすることが必要になります。

ホーム サイトマップ