30代でもバストは大きくなる?

30代でもバストは大きくなる? - バストアップを始まる前に

30代でもバストは大きくなる?


女性のバストが発達するのは思春期を迎える9歳前後から成長が始まり、成人型にまで発達するには、初潮を迎えてから3年後であると言われています。初潮の平均年齢が概ね12歳前後ですので、15歳前後には成人の乳房に成長するという訳です。その後20代前半まではバストにも張りがあり弾力性に富んでいますが、20代後半から30代にかけて次第にデコルテ部分のボリュームが落ち始めます。そして40代で下部にたわみができ、乳頭が下向きになります。50代になるとその動きは更に活発になり全体的に垂れ下がってしまいます。これが一般的な女性のバストの変遷ですが、30代では未だ完全に下垂したわけではないので、手を打つことは可能だと言われています。ただし、下垂を完全に止めることはできませんが、進行を遅らすことは可能です。

30代はバストの下垂防止エクササイズが効果的


20代後半からバスト周辺のデコルテのボリュームが落ちてきます。そうなるとバストの下垂が始まりますが、大きいバストであればそれほどでもありませんが、小さいとより目立ってしまい惨めに感じられます。それに妊娠や出産などを経験したことが、体にも影響を及ぼし、バストへも少なからず影響を与えていることになります。そのため先ずは下垂を遅らせるための手を打たなくてはいけません。それには大胸筋や肩甲骨を鍛えるエクササイズが効果的です。大胸筋と肩甲骨の筋力が戻れば乳房が垂れることを防止することは可能です。

マッサージと食事療法


バストに張りと膨らみをもたらすのは乳腺ですが、それを活発化させるには女性ホルモンの分泌が欠かせません。そのためには乳房をマッサージして乳腺を刺激する必要があります。その際クリームなどを塗って行うと、より効果を高めることができると言われています。また、マッサージのための用具を活用することも一考です。それから、女性ホルモンの働きが活発になるような食事を摂ることも大事です。大豆など植物性たんぱく質などは、女性ホルモンに効果があるとされているので、積極的に摂取した方がいいでしょう。食事だけでは不十分であれば、サプリメントを摂るのもいいことだと思います。

※30代に突入してからのサイズアップならヒラクアップがおすすめです。

ホーム サイトマップ