胸に筋肉をつけよう

胸に筋肉をつけよう - バストアップをさせるために

胸に筋肉をつけよう

大きくて形もきれいなバストの持ち主になりたいということであれば、女性ホルモンや成長ホルモンなどの分泌を活化させることに加え、大胸筋を鍛えては如何でしょうか。大腰筋はバストを支えるいわば土台のようなもので、それがしっかりしていないとバストが不安定になり、下垂する原因になります。少しでも重力に抗するには強い筋力は必要で、それは鍛えることで身につくものです。

腕立て伏せで大胸筋を鍛える

腕立て伏せとは何とも古典的な方法ですが、これほど便利で合理的かつ有効なものはありません。畳一畳ほどのスペースがあれば十分で、自宅などどこでも出来るからです。それに、いつでも気が向いたときにできるのがよく、費用がいらないのも腕立て伏せのいいところです。やり方は説明するまでもありませんが、いくつか注意点があります。先ず両腕の間隔は肩幅が基本ですが、大胸筋への圧力を高めたいということであれば、間隔を広げることです。それから、膝を伸ばして浮かせたままするのが困難であれば、床につけて行っても構いません。それでも効果は十分にあります。

大胸筋のストレッチ

腕立て伏せをして大胸筋を鍛えるというのは、これまであまり運動をしたことがなく、したがって大胸筋がほとんどついていない人には有効です。ところがこれまで運動を経験して、ある程度大胸筋がついている人は、鍛えすぎるのも問題です。なぜなら大胸筋を鍛えすぎると、折角蓄えたバストの脂肪質が燃焼してしまい、筋肉に代わってしまう、つまり、トップバストは以前より小さくなってしまうからです。そのためには鍛えるというよりはストレッチをする方が大胸筋には効果的です。ストレッチは筋肉の筋を伸ばす運動ですが、筋肉は縮こまった状態のままでは、次第に弾力性が失われていくので、時々は筋肉に刺激をあたえ、覚醒させる必要があります。これがストレッチと言いう訳ですが、これにより弾力性も戻って来ます。この方法だとバストの脂肪を燃焼させることにならないので、張りのあるバストを維持することが可能になります。

ホーム サイトマップ