女性ホルモンの分泌量を増やそう

女性ホルモンの分泌量を増やそう - バストアップをさせるために

女性ホルモンの分泌量を増やそう

女性ホルモンには卵胞ホルモンと言われるエストロゲンと、黄体ホルモンと言われるプロゲステロンがありますが、女性の性腺に関わりの大きいエストロゲンをさす場合もあります。エストロゲンは主に卵巣の顆粒膜細胞や胎盤、副腎皮質などで生成されます。生成されたエストロゲンは乳児の段階から分泌されますが、その量は思春期の女性並みに多いと負われています。その後分泌量は減少しますが、それでも男性よりは多く、女性が早熟であると言われる所以です。思春期になるとプロゲステロンの分泌も活発になり、第二次性徴に係ることになります。初経の1年前から分泌が活発になり、乳腺が大きくなり乳房が膨らみ始めます。その後体つきも次第に丸みを帯びて女性らしさが出てくるようになります。女性ホルモンの分泌を活性化するには以下のことを心がけることです。

血行を促進させる

ホルモンの分泌を助ける酵素はある程度体温が高くなくては、働いてくれません。そのためには体中の血行を良くすることが大事で、それには体を温めてくれる生姜や血行を改善するビタミンEが豊富なかぼちゃなどを食べると効果的です。また、お風呂の前に温かい飲み物、紅茶やココアなどを飲むのも効果あると言われています。そしてバスタブには30分ほど使った方がいいとも言われています。但し脱水症状をきたしてはいけないので、水分を補給することが必要です。それに本などを読んだりしてリラックスするとより効果が上がると言われています。

ストレスをためない

女性ホルモンは自律神経が正常に働いてくれないと、活発に分泌してくれません。それにはストレスをため込まず、すっきりした状態でいることが大事です。仕事や家事育児に追われてイライラが講じることもあるかと思いますが、気分を切り替えてリフレッシュするよう心掛けたいものです。身体を動かして発散するとか、いつもと変わった行動をとるとか何か新たな刺激を得ることがリフレッシュするには効果的かと思います。

感度を高める努力をする

女性ホルモンはその人の感度と密接な関係にあり、鋭い人はドーパミン、セロトニン、βエンドルフィンなどが分泌されるようになり、それが女性ホルモンのバランスを整える効果を発揮することになります。逆に鈍い人には余り働いてくれません。そのため日頃から感度をよくするようような行動を心がける必要があります。

PS.女性ホルモンの分泌を増やすならバストアップラボがおすすめです。詳細は以下のサイトをご覧ください。

http://バストアップラボの口コミ.jp/

ホーム サイトマップ